メンテナンスの基本、時計の拭き上げ

機械式時計は繊細な作りで、かつ高級な時計が多く、恐くて自分でメンテナンスをしない方もいるのではないでしょうか。時計は毎日利用するため、メンテナンスのたびに時計ショップに持ち込んでいては時間や費用もかかってしまいます。そこで今回は、自宅で簡単にできる機械式時計の手入れ方法を紹介します。

メンテナンスといってもネジを外して分解したり、というような難しいものではなく、壊れないために予防をしてあげる、というような簡単な内容です。時計は、毎日腕につけて肌に触れています。そのためベルト部分にどうしても汗がついてしまいますので、柔らかい布で丁寧に拭き取ってあげましょう。また外気にも触れますので、ホコリや小さなゴミが付着しやすい状態にあります。ですので、時計の外側もキレイに拭き上げをしましょう。この時にメガネ拭きのような時計に傷をつけない素材の布でしたら文句なしです。機械式時計にとって、汚れは大敵です。その汚れをしっかりと取り除いてあげることが必要なのです。

がんこな汚れがついている時

しかし布を使って拭き上げしていても取れない汚れもあります。それは、ホコリと汗が結合した黒い汚れです。この汚れは特にメタルバンドの凹凸部分に溜まりやすくなっていますので、時々歯ブラシなどを使って取り除いてあげることが大切です。歯ブラシを使っても落ちない場合は、つまようじなど細くて鋭利なものを使用しましょう。この時に縫い針のような金属でできたものを使ってしまうと、傷がつく恐れがありますので、使用する素材には注意しましょう。

パテックフィリップはスイスの高級時計メーカーで、有名人にも多くの愛好者がいました。古くはキックボクサーの有名選手、ボクシングの世界チャンピオンなどです。