ニコチンの摂取方法が違う!

電子タバコと煙草の大きな違いとして「ニコチンの摂取方法」が挙げられます。電子タバコは、ニコチンが含まれている液体を電気で加熱してニコチンを発生させています。一方、従来の煙草は、ナス科たばこ属の植物を加工したタバコ葉をフィルターで巻き、火を用いて燃やす事でニコチンを発生させています。

ニコチンが入っていない電子タバコも多い!

煙草での喫煙時には必ずニコチンが発生します。一方、電子タバコはニコチンが含まれていない商品も販売されています。そのため、電子タバコはニコチンを摂取する事なく、煙草を吸いたい気持ちも抑えられる事や口寂しさを解消出来る事から禁煙グッズとしても高い人気を得ています。

使用時のタールの発生も違う!

室内の黄ばみの原因となるタールに悩まされている愛煙家も多くいます。従来の煙草は、タバコ葉を燃やす事でタールが発生してしまいます。一方、電子タバコは、タバコ葉を使用していない事に加えて、リキッドを燃焼させる事もないのでタールは発生しません。電子タバコと煙草には、室内がタールによって黄ばむ事を気にする事なく、自由に喫煙出来るかどうかといった違いもあります。

喫煙時に発生する臭いの違いとは?

喫煙時に煙草から発生する独特の臭いが苦手な方も多いですよね。臭いを抑えた煙草やバニラ等の甘い香りが発生する煙草も存在しますが、煙草独特の臭いと混ざる事で逆に不快に感じる方も一定数います。そんな臭いの悩みを解消したのが電子タバコです。煙草独特の臭いが発生する事はありません。さらに、フルーツやスイーツの香りが発生するリキッドも数多く登場しています。香り付きリキッドは、ほのかに香る程度なので周りの方に不快感を与える心配がありません。

ニコチンリキッドを日本国内で手に入れるには輸入代行ショップで購入するしかありません。もし日本国内の店舗で販売されていたら、それは違法販売なので注意です。